いしかわ旬彩紀行
ANAクラウンプラザホテル金沢特別コラボ企画
JAグループ石川 × ANAクラウンプラザホテル金沢


食材の魅力と作り手の想い。
そのどちらも伝わる一皿を。

鉄板焼  加賀 | シェフ 北村 隆

3、4月の「鉄板焼 加賀」では、JA石川とのコラボレーション企画として石川が誇るブランド牛「能登牛」に注目したいと思います。能登牛の特長は旨味成分であるオレイン酸を多く含んだきめの細かい肉質と、肉自体が持つ豊かな香り。日本各地の有名ブランド牛と比べても、勝るとも劣らない魅力のつまったお肉ではないでしょうか。今回はそんな能登牛を中心に、加賀野菜、のどぐろといった山海の幸も楽しめる特別なコース料理をご用意しました。

特筆すべきは、やはりメインを飾る能登牛のサーロインステーキです。表面を香ばしく焼き上げることで旨味をさらに引き出した上質なサーロインを、ぜひミディアムレアでお召し上がりください。まずは能登塩、ポン酢、ごまだれと、お好みでわさびや柚子胡椒とあわせるのもおすすめです。それ以外にも、白味噌の風味を効かせた牛すじ煮込みの特製キッシュや牛肉のリエットなど、“焼き”にとどまらない能登牛の幅広い楽しみ方を提供できればと思っています。

先日、このJA石川との企画を通して初めて能登牛の生産者の方にお会いすることができ、一頭一頭の牛に注ぐ深い愛情や作り手としての熱量を肌身で感じました。だからこそ食材のおいしさはもちろん、その奥にある生産者の想いまで伝わるような一皿を、ここ「加賀」でつくっていきたいと思います。

写真「 JA石川×ANAクラウンプラザホテル金沢 地元食材応援ディナーコース

能登牛生産者協議会 | 会長  中瀬 英巳さん

おいしいお肉を育てるためには、牛の日々の健康状態や食べた餌の量など個体別に管理を行いながら、なるべくストレスをかけないことが重要です。出荷するまでに28ヶ月以上はかかるため大変ですが、愛情を注いだ分だけ牛も応えてくれるのでやりがいも大きいですね。また冬から春先にかけては年間を通しても安定的にいい肉質に仕上がる時期でもあるので、ぜひこの機会に能登牛の魅力を味わってほしいですね。


JAグループ石川×ANAクラウンプラザホテル金沢 地元食材応援ディナーコース ご提供中