ANAクラウンプラザホテル金沢における安全・衛生管理の取り組み
Wedding Report

曽原様・谷内様

  • [挙式] 冨木八幡神社 /神前式
  • [披露宴] 鳳

愛され新郎新婦のキラリ輝く星ウェディング

「お互い、兄弟の中で最後に結婚式をするから、家族には目一杯の感謝を伝えたい!」大切に育ててくれた家族に、結婚式を通じてたくさんの感謝を伝えるため、ありがとうの気持ちをギュッと詰め込みました。新郎様から新婦様にお渡しした婚約指輪が北斗七星がテーマだったこともあり、結婚式のテーマに「星」を採用。テーブル名やコーディネート、ケーキなど星モチーフをあしらいました。そんな夜空に光る星のような、キラキラ輝くおふたりの結婚式をご紹介します。

Scene 01挙式

地元・冨木八幡神社で挙式を行ったおふたり。聞けば、新郎様のご両親も式を挙げたというこの神社は、年1回のお祭りで町中のみんなが集まる大切な場所。幼い頃から慣れ親しんだ神社での挙式はおふたりにとって、ごく自然な流れだったようです。能登エリアに伝わる伝統風習「縄張り」でご近所の方々から祝福をうけたおふたり。道に縄を張り、おふたりが通る際に「ようこそ」という意味を込めて、縄を下ろという伝統ある儀式です。多くの方々に見守られる中、挙式は執り行われました。

Scene 02披露宴

「お父さんとバージンロードを歩きたかった…」と少し心残りを感じていた新婦様。そんな時、ダーズンローズという演出を知り、お色直し後、お父様と腕を組み入場することを思いついたそう。甥っ子様にお手伝いしてもらい、新郎様がブーケを作成しプロポーズ。おふたりやお父様はもちろん、ゲストの皆様にも記憶に残る素敵な演出となりました。また弟様がパティシエということもあり、チョコペンでケーキにメッセージを添えるというワンシーンも。さらに、2回ある中座のエスコート役は思い入れのある方々にお願いしたいとの想いがあったおふたり。1回目の中座は、新婦様は小さい頃お世話になったおばあちゃんと、新郎様はお姉様おふたりと。2回目の中座は、新婦様は弟様ご家族と、新郎様は青年団の幼馴染の方とそれぞれご退場されました。その新郎様のご退場時、なんとお神輿やキリコが登場し、その場で地元のお祭りが始まるというサプライズも!会場内は活気に満ち溢れ、大いに盛り上がったとのことです。

曽原様がここに決められた理由

「県外からのゲストが多かったこともあり、知らない土地への不安を少しでも解消できればと、駅前のANAクラウンプラザホテル金沢に決めました。アクセスのしやすさはもちろん、料理も美味しく、館内もキレイで清潔感があり、安心してゲストをおもてなしできると思いました。」

「またフェアで体感したプロジェクションマッピングが素敵だったことや、接客してくださったプランナーの方の対応が良かったことも決め手になりました。細かく要望を聞いてくださり、感謝しています!」

おふたりの会場

挙式

披露宴