イベント&セミナー

お客様に喜んでいただきたい。そんな料理長やシェフたちの思いをご紹介します。

料理長&シェフ コラム 秋のレストランご案内(2019年9、10月)

お客様に喜んでいただきたい。そんな料理長やシェフたちの思いをご紹介します。

日本料理 雲海

詳細を見る 予約する

季節の移ろいを感じさせる。それもまた日本料理です。

秦 美佐雄

日本料理と四季は、切っても切れない関係にあります。その時その時の旬の食材を用いるのは当然として、器からしつらいに至るまで、お客様に五感で季節を感じていただけるように心を尽くしています。「雲海」で、ひと月ごとに器を季節のものに入れ替えているのもそのためです。また日本料理には、季節を半月ほど先取りしてお客様の前にお出しする、という考え方があります。日本料理は、季節に先駆けて、その訪れや移り変わりを感じさせるものでもあるのです。
さて、9、10月の「雲海」では、実りの秋をご堪能いただけるたくさんの料理をご用意いたします。石川県の秋は、海ではのどぐろや鯛、カマスにメギス、アオリイカなど、山ならさまざまな野菜、れんこんなどの根菜、松茸や椎茸といったきのこ類と、数多くの食材が旬を迎えます。献立も夏のものから秋冬のものへと切り替わり、治部煮や土瓶蒸しをはじめとする温かい料理も増えて、まさに味覚の秋といったところです。
四季は繰り返すものですが、去年とまったく同じことはしない、というのが私のこだわりのひとつです。今年も訪れた秋を感じながら、昨年とは違う味わいも楽しんでいただきたいですね。北陸・石川の豊かな秋を感じに、ぜひ「雲海」へ足をお運びください。山海の旬の恵みとともに、皆様をお待ちしております。

写真(左)秋の彩りランチ会席
写真(右)秋の特撰会席“百万石”

日本料理「雲海」 秦 美佐雄 調理長

鉄板焼 加賀

詳細を見る 予約する

山岸 丈伸

9、10月の「加賀」では、能登牛をはじめ、あんこう、松茸、加賀れんこん、五郎島金時など、地のもの、旬のものを存分に味わっていただけるメニューとしています。
また秋といえば新米の季節。「加賀」で提供するライスには、粒がしっかりとして甘みのある石川県産の棚田米を使用しており、その味わいが旬の旨味をさらに引き立ててくれます。
お客様の目の前で食材を焼き上げる鉄板焼はまさに舞台そのもの。ひとつひとつの料理はもちろん、所作や言葉遣いに至るまで心を尽くしながら、特別な秋のひとときを楽しんでいただければと思います。

写真(左)レディースランチ“クイーン”
写真(右)秋の北陸贅沢コース

鉄板焼「加賀」 山岸 丈伸 シェフ

カスケイド ダイニング

詳細を見る 予約する

前川竜介

「カスケイド・ダイニング」では、地元人気情報番組とコラボしたランチメニューをご提供しています。テーマは旬の石川県産食材で、9月は鴨と白山そば粉と能登産イチジクのガレット仕立てを、10月はへた紫なすの照り焼きハンバーガーをお届けします。
夜は、こちらも人気の「夜バル」をどうぞ。この秋はチョイスメニューにオマール海老のロースト、ポルチーニ茸のソースで味わう仔牛のステーキ、牛タンの煮込みをご用意いたします。
それぞれに旬の味わいをふんだんに盛り込み、食欲の秋にふさわしいメニューとなりました。どうぞご期待ください。

写真(左)石川さん秋のお宝ウイークデイ・ランチブッフェ
写真(右)【オータムビアフェスタ】夜バル

「カスケイド ダイニング」 前川 竜介 シェフ

中国料理 花梨

詳細を見る 予約する

佐藤裕一

この秋の「花梨」では、旬を迎えた山海の幸を料理に取り入れながら、香りや色使いからも秋を感じてもらえるように意識してメニューを考えました。
おすすめのひとつであるランチコースの「健美」も、サーモンを用いた彩り豊かなサラダや金木犀の香りがほのかに漂う黒酢の酢豚など、さまざまな旬の味わいを五感で楽しめる内容となっています。
私がいつも心がけているのは、お客様が笑顔になる料理をつくること。「花梨」の中国料理で大切な人との会話が弾んだり、よりよい時間を過ごしていただけたなら、そんなに幸せなことはありません。

写真(左)レディース・ランチコース“健美”
写真(右)秋の味覚ディナーコース“花梨”

中国料理「花梨」 佐藤 裕一 調理長

料理長&シェフ コラム(2019年7、8月)


IHG®リワーズクラブ
IHG®ビジネスリワーズ